wp-config.phpの内容

wp-config.phpファイル上にはPHPのいくつかの定数が今のところ、WordPressのコードを改善したりデバッグの助けになったりします。


WP_DEBUG

これはWordPress バージョン 2.3.1で含まれるようになったオプションです。

デフォルトではfalseにセットされていて、警告やエラーを表示しないようになっていますが、すべてのWordPressの開発者はこのオプションを有効にするべきです

ログの有効化

define( 'WP_DEBUG', true );

ログの無効化

define( 'WP_DEBUG', false );

この値は文字列ではなく真偽値でなくてはなりません。

WordPressバージョン 2.3.2であとからマイナーなパッチが取り込まれ、データベースのエラーログに対するより粒度の細かいコントロールを可能になりました。

さらにその後、バージョン2.5でエラーレポーティングのレベルがE_ALLに引き上げられました。これによりNotices(注意)とDeprecation(非推奨)メッセージを表示するようになりました。

メモ:

このオプションを有効にするとAJAXリクエストで問題が発生するかもしれません。この問題はAJAXレスポンスの出力にNoticeが表示されてしまい、XMLとJSONを壊してしまうことに関連します。

WP_DEBUG_LOG

WP_DEBUGを使い、この定数をtrueにセットすると、NoticeやWarningのログをファイルに記録します。

WP_DEBUG_DISPLAY

WP_DEBUGを使いこの定数をtrueにセットするとNoticeやWarningをスクリーンに表示するかどうかを選択できます。

メモ:

もしこれらの変数が期待していた出力を産み出さないのであれば、Codexのロギングセットアップに関するセクション(英語) (日本語)を読むといいでしょう。


SCRIPT_DEBUG

ミニファイされたバージョンのCSSやJavaScriptのファイルをデフォルトでプラグインやテーマに持たせるのはよくありません!

開発用とミニファイされたバージョンのファイルを作成するというWordPressの考えに従うのはよい方法で、自分のプラグインには両方のファイルを持たせるべきです。その変数をベースにすればどちらかをエンキューさせることができます。

デフォルトではこの定数はfalseにセットされていて、WordPressからのCSSやJavaScriptをデバッグしたいときはこれをtrueにするといいでしょう。

ログ取得の有効化

define( 'SCRIPT_DEBUG', true );

この値は文字列ではなく真偽値でなくてはなりません。

trueにセットすると wp-includeswp-adminにあるWordPressのデフォルトファイルは開発バージョンになります。

CONCATENATE_SCRIPTS

WordPressの管理画面では、依存性とエンキューの優先度に応じてすべてのJavaScriptファイルが1つのリクエストに連結されます。

この機能を無効にするにはこの定数をfalseに設定します。

define( 'CONCATENATE_SCRIPTS', false );

SAVEQUERIES

データベースを扱うときには、プラグインやテーマ内で起こっていることをデバッグできるように、クエリーを保存したいと考えることでしょう。

Make $wpdb save Queries

define( 'SAVEQUERIES', true );

メモ: これtrueにするとWordPressが遅くなります

results matching ""

    No results matching ""